Season5-7 やめて時間を作る?

色々な話題を探してみたり、お客様のことを調べたりする時間。いろいろなことを勉強したり、仲間と相談する時間。日々の業務に追われる営業マンのみなさまにとって時間の捻出は大きな課題だと思います。実際に時間がなくて、なかなか自分の知識レベルをあげたり、話習得する時間がないという声を多く聞きます。その気持ちすごくよくわかります。が、これを解決する良いアイデアは残念ながら持ちネタがなくすみません。ものの本などでは「無駄なことをやめて時間を作る」「その作業本当に必要ですか?」などのタイトルで時間を作る方法が紹介されています。何かをやめて時間を作る、言いたいことはわかりますし、その通りだと思います。しかしこれ、なかなか踏ん切りがつかなくてうまくいかなかった経験をお持ちの方も多いのでは。そこでおすすめするのは「ながら」です。お行儀が悪いのはお許しいただくとして、朝起きて歯を磨いている数分間、通勤電車の中、お昼休み、ロビーで時間調整している数分間。場合によってはお風呂に入っているとき、もっと場合によってはトイレになか(すみません)。ながらできる時間を工夫するのが一番手っ取り早いと思います。ながら時間も全部足し算すると30分とか1時間になるはず、1時間何かをやめてみてよりもよほど現実的だと思います。もちろんその人の性格や環境によると思いますので無理強いはしませんが何はともあれやってみる。でないと何も前に進みませんので何かをやめる、でも、ながらでもよいのでまず言い訳しないで始めてみましょう。ながら時間を大切にする、結構よいですよ。

共立アイコム課題解決部

共立アイコム KyoritsuICOM お客様との ミスマッチ解消で 認知と売り上げの向上を 販路拡大・販売促進 売り場作り・接客のコツ こんな情報を 提供しています K-EMS Kyoritsu Economic Management Services

0コメント

  • 1000 / 1000