何をしたいか させたいか

商品を売る

サービスを提供する

相手は個人客である

相手は法人、企業である

一般的な商品・サービスなのか

差別化された商品・サービスなのか

何をしたいか

何をさせたいか

ものごとすべて両面あります。

商品やサービスはわかりやすいですし、

みなさまもターゲットや商圏などを

明確にして活動されていることと思います。


しかし

何をしたいか

何をさせたいかの話になると

急に自分の都合でものを考えるようになりがちです。

ここは相手の立場に立って考えないと

確実に成約率を下げます。

ちょっと冷静になればよいだけですよ。

難しく考えないでください。



例えば小売店。

売り場という言葉を使いますが

相手の立場にったら

買い場ですよね。

売り場を作ってきれいに装飾するから

売り上げは伸びないのです。

KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000