何が提供できるかではなく

全国展開でサービスを提供している、

全国展開しているチェーン店など

責任者だけでなく担当者さんにも転勤がある企業に

多いような気がするのですが

(気がするだけで統計資料はありません・・・私見です)


全国展開企業ほど

他にはない◯◯技術で対応します!

◯◯100%でこの価格!

のようなPOPやキャッチコピーを見かけます。


差別化や、価格の訴求でお客様の

関心をひこうとしているのはわかるのですが、

なにか足りないと思いませんか。


もちろんこれだけで云々カンヌンではないのですが

お客様のメリットが表現されて無いですよね。

◯◯技術だろうが古い技術だろうが結果が同じなら

〇〇は関係ない。

100%だろうが1%だろうが結果が同じなら

含有率は関係ない。

ここを意識することが欠けている気がします。

つまり、売り手の自己満足でしか無いと思うのです。


これとは逆に田舎の八百屋さん(例えばですよ)、

今日はこのりんごどおだい、美味しいよ、

”お孫さん喜ぶよ!”

この最後の一行が決め台詞ですよね。

今日のりんごは世界一美味しいよ

というよりも

お孫さん喜ぶよ

という一言の破壊力!


ちょっと周りを見回してみてください。

なにか気づいたら即実行です。


KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000