結果を明確にするとやる気がup

マーケティングに置いて「努力と根性」は

排除したい理屈であり手法ですが

やる気がある、なしは結構大切なパーツです。

個人事業主さんで従業員さんがいなければ

本人次第ですが

アルバイトさんでも正社員さんでも、

一人でも一緒に行動する仲間がいらっしゃる場合

その方のやる気はものすごく大切です。

同じように同じ手順で仕事をしたとしても

やる気のあるなしで結果は大きく変わってきます。

もちろんハナからやる気のない人であれば別ですが

同じ目的に進んでいく同士である場合、

やる気をもって仕事してほしいです。

その時、目標数字を提示したり提出させて

やる気を引き出すことはあると思いますが

これだと少し弱いと感じます。

目標を達成したらどうなるのか、

ここまで明確にしてあげるとやる気は一気に上がります。

目標を達成したらプチボーナス◯◯円

12ヶ月連続で目標達成したらハワイ旅行

でもよいですが

できれば

「昇給」を提示したいものです。

歩合ではないです。

歩合制でない会社が歩合的な仕組みを提示すると

一気にやる気が削がれる場合があります。

昇給のような約束をしてあげる

雇用の継続にも、やる気の継続にも繋がります。

御一考ください。

KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000