こんなにいる?

観光に強いエリアにある駅、

高速道路の大型サービスエリア、

全国にある地方空港。

2週連続の3連休に

駅やサービスエリア、空港を利用して

併設されているお土産物屋さんに

立ち寄られた方も多いことと思います。


こんなにたくさんのお土産品が並んでいるのに

欲しいものが見つからない

手ごろなものが見つからない、

そんな経験はありませんか。


特産品、名産品の

メーカー違いの同一商品!


例えば

乾麺タイプのうどんやそば、

日本茶、お当地せんべい、などなど。


いろいろなしがらみはあると思いますが、

お土産物屋さんのかなりの面積を占める

日本茶売り場。

生産者さん(メーカー)違いで似たような

商品がずら~~~~り!

販売者側からすると

容量が違う、品質が違う、パッケージが違う、

など、

言い分はいろいろあると思います。


が、買う側からすると

(ちょっと荒っぽく言いますが)

そんなことはどおでもよいのです。


繰り返しの話で申し訳ないですが

売り場じゃなくて

買い場じゃなければだめなんです。


買いたい方の欲求を満たす品ぞろえ、

価格やパッケージ、入り数や日持ちなど。

じっくり吟味して再検討してみてください。

買い場になるように!


これらをクリアしてダブりを減らしたら

スペースができますよね。

そおしたら、

「あ、この店にはあった!」

と喜んでいただける商品を置きましょうよ。


専門店ではなく、お土産物屋さんですから。


200坪ほどの店に日本茶だけで50坪ほど。

こんなにいる?

いくら静岡だからといっても!


これで

売り上げダウンに歯止めがかからない

といわれても・・・


お土産物屋さんは

値引き販売しても在庫処分に時間がかかります。

さてどおしましょう。

買い場にするのに時間がかかりそうです。


皆様の周りに

このような無駄はありませんか?



KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000