挨拶があだになっていない?

営業のみなさまは、4日から今週いっぱいくらい

新年のあいさつ回りで忙しいことと思います。

特に上得意様には本気で

「今年もよろしくお願いいたします」

(できれば昨年以上のお取引を・・・心の本音)

と、ご挨拶(のようなお願いのような)したいところです。


新年のご挨拶

商習慣として、礼儀としてよいことだとは思います。

が、この挨拶訪問が

お客様の貴重な時間を搾取していることはありませんか。


みなさまもそうだと思うのですが

年末年始の休暇も終え

休み明けに+月初の忙しさはお客様も同じです。

何度も言いますが、

情報を持たずにお客様を訪問するのは

お客様の時間を浪費することになります。

これは新年のご挨拶も同じです。


たとえ慣例による新年のご挨拶でも

お客様には必ず有益な情報を持参してください。


ついでですが、

こういった挨拶で最も失礼なのが

・近くまで来たので

・最近お顔を見ていなかったので

挙句の果てに、くだらない話で長居をする。

もうこんな営業スタイルはやめましょうね。




KyoritsuEMS

お客様とのミスマッチの解消で 認知と売り上げの向上を。 販路拡大、販売促進、 売り場作り、接客のコツ、 こんな情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000