相手を緊張させる話し方

お客様とお話するとき

テーブルをはさんだ対面であっても、

玄関先の立ち話であっても

例えば顔の見えない電話口であっても

相手の気持ちが閉ざされていたら

まったく無駄な時間になります。


どんなに良い提案であっても、

どんなに食いついてきそうな趣味の話も

心を閉ざした人には届きません。


心を閉ざした。。。

心理学的にどうのこうの言う気はなくて。

相手に心を解き放つには、みたいな話は

それなりのセミナーにでも行ってください。

詳しいことはわかりかねます、すみません。


ただ、穏やかな話しぶりなのに

相手を緊張させる話し方の人っていますよね。


ゆっくり丁寧に話をしてくれてるし

威圧的なところはみじんもない。

なのになぜかあの人と話をすると

緊張してしまう・・・という話し方をする人。


商談、できることならば

リラックス ||||||| 普通 ||||| 緊張

だとしたらできるだけリラックスしてほしい。

少なくとも普通の状態でいてほしい。

なのになぜか緊張させてしまう。


緊張には

ちょっとやだな、

できたら避けたい、

といった感情も含みます。


詳しくは専門家に聞いていただければと思うのですが

相手を緊張させてしまう話し方の人って


相手に理解していただこうと熱心なあまり

・妙に繰り返し説明し、話が長い

・わかりやすくするためか、尾ひれなどが多い

・無駄に「わかるよね」的な間合いを入れる

・指導しているかのような話し方をする

・あなたは知らないだろうけど、的スタンス

・できるだけゆっくり丁寧に話をしますよオーラ

という話の仕方をすることが多い気がします。


本人にしてみると

できるだけ丁寧に

できるだけわかりやすく

できるだけ相手の立場に立って

と考えているのだと思います。

(その人ってきっといい人です。)

でもこれがかえってあだになっていることが多いのです。


ビジネスですからビジネス部分は

・できるだけ端的に箇条書きで話す

・こちらが気を遣うのではなく、相手がいつでも質問できる雰囲気を作る

・余計な尾ひれはつけない

・一般的な普通のスピードとトーンではなす

のようにしたほうが、相手も普通に聞いてくれますから

少なくとも相手の緊張は普通レベルを維持できます。


例えば

今日もこの営業さん妙な丁寧さで話すのかな

なんだか面倒くさいなぁ

出たぁ!この話し方

嫌だなぁ(緊張)

全く耳に入らない


となる可能性が高いです。


普段から普通のコミュニケーションをたくさんとり、

できるだけ上下関係的にならないように

パートナーとして対等な立場だけど

最低限の礼節を守る付き合い方。

ここまで構築して

普通の話し方で普通に話をしましょうよ。


(ここからは読んだ本や聞いた話)

もし相手が食いついてきそうな趣味の話の時は別!

盛り上がるようにアクションも交えて

相手の笑顔(または興味津々)を引き出すことを

最優先にして。

こんな時は

話している最中は自分は笑わない

語尾は濁らせない

など

上手だなぁと思う漫才師さんを

お手本にして、盛り上げる。

自分が妙に盛り上がっちゃダメ。

はたから見た雰囲気は幇間(太鼓持ち)だって

いいじゃないですか。

心の中は「俺は最上クラスの営業中」と思いながら。


言い忘れましたが

相手を緊張させる最大の要因は

「自信がないのに勧めている」

「実はマニュアルそのまんま」

が、ばれた時ですかね。


頑張りましょう!





 

KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000