刺身なら、私のおすすめ!

目には青葉、山ほととぎす、初ガツオ

青葉やホトトギスよりも

花粉で季節を感じる方も多い今日この頃、

(私も苦労しています)

カツオのおいしい季節がやってきます。

刺身といえば鮪、鯛、鰺だって!

釣ったばかりのイカ刺しの甘いこと・・


私のお気に入りの店にご案内しますよ。


今日の話は

販売員さん、営業マンさんどちらにも言える

刺身についてです。


なんて訳はなく

勘違いについての話をさせていただきます。

勘違いというより

さらに重症な思い込みについてです。


例えば(超ベタな例えですよ)

Aさん 私、魚が大好きなんです!

Bさん 刺身のおいしいお店に案内しますよ!

Aさん いえ、水族館に行きたいんですけれど。

Bさん ・・・・・(気まずい雰囲気)


これです。

店頭でも、商談の場でもこういうことないですか。

その場で思い込みに気が付けばよいですが

(例えば営業だったとしたら)

わかりました、明日お見積りをお届けします!

=翌日=

なんだ、この見積。こんなもん要らないぞ・・・

となったりします。


店頭では少ないかもしれませんが

営業マンさんの商談で

どうもたくさん起きているようです。


場合によっては

大きな損金を発生させる可能性もあります。

一気に信用を失う可能性もあります。


気が付かないのが思い込みです、

お客様の話はきちんと聞いて、

あいまいな部分は確認するようにしましょうね。


そう、メモを取るのもお忘れなく、

これってその姿が大事ですよ。

気になる方は

メモを取る姿」の回もご覧ください。


海外からのお客様が

「富士山に行きたい」と要望されたら

どちらに案内しますか。

富士山に登りたい?

富士山をまじかで見たい?


ずいぶん違いますよね。

KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000