これでだめだと次がない!

(はっきりと、今日は営業さん向けです)

う~~ん、毎日読んでいるけど

お客様との会話が盛り上がらない。


ならばまだしも、


お客様との会話を盛り上げようにも、

行く先がないから

お客様との会話がないんですけれど・・・


待て!

そこから話をしなくてはダメ?

ここでも何度か書いたじゃないですか。

金融機関に紹介してもらうなどなど。

それも規模に応じてとか、

状況に応じた対応まで。


それでも行くところがないですか。


みなさまもお分かりの通り

新たなお客様を作る王道、

それは紹介です。


ところが

なかなか紹介してもらえない?


おかしいですね、

細かいこと言いますが、

ちょっとだけ振り返ってみませんか。


例えばこんなことないですか。


積極的な態度を見せられず

紹介者を不安にしている。


これって案外多いです。

私ごとき人間でも時々

〇〇会社さんを紹介して欲しい、

と依頼をいただくことがあります。


ところが

いかにも会社に言われてやってきたな、

何を提案したいはっきりしていないじゃないか、

おまけに、相手のこと全くわかっていない。

これでは

紹介したこちらの信用が落ちてしまう。

というパターン。


どうやってこの話をはぐらかそう、

と考えてしまいます。


本来であれば

時間をかけて作った信頼関係があって

初めて「紹介」という行動に移ります。

が、そうもいかないのが営業マン、

という気持ちもわかりますから

何とか紹介してあげたいとは思うのですが・・・


特にこちらが頭を抱えてしまうのが

「積極性が感じられない」

「自信の無さが表れている」

こういう状況の時です。


これはほとんどの場合

会社に、上司に言われて仕方なく来た場合。


正直な話、

それでよく来たな!

と腹が立つこともあります。


やはり

できる範囲でも構わないので、

相手のことをきちんと調べて頭に入れる。

紹介したい案件を自信をもって説明できるよう

何度も何度も練習してくる。

これくらいはやってから紹介を依頼してほしいものです。


無駄な自信過剰は逆効果ですの要注意。


紹介いただいたあなたの顔をつぶさないように

必ずや!という提案をしっかりしてきます。

という意気込みは見せていただきたいところですよね。


営業マンにとって

紹介ほどおいしいものはないです。

おいしい紹介をいただけるように

うるさい様ですが

最低限のマナーは守りましょうね。


本当にうるさいこと言ってすみません。

これでだめだと次がないですよ。


その他

紹介をお願いするとき、

紹介いただくとき、

紹介いただいた後の

ちょっとしたコツは次回に改めます。


今日、

ちょっとした紹介依頼があったのですが、

ついこんな内容で書きたくなってしまいました。

なぜって? 

お察しください。


過去の記事はこちらから

ホームページ全体はこちらからご覧ください



KyoritsuEMS

お客様とのミスマッチの解消で 認知と売り上げの向上を。 販路拡大、販売促進、 売り場作り、接客のコツ、 こんな情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000