ネガティブで大成功!

この記事を読んでくださっていらっしゃる方の中には、

そもそも引っ込み思案だし、

人見知りな性格だし、

あまり人と話をするのが好きじゃないし、

考え方もネガティブだし・・・


という方も

いらっしゃるかも知れません。


今日は思いっきり趣向を変えて

ネガティブでうまくいっている話をひとつ、

聞いていただきます。


私自身が長年使ったスマホのケース。

スマホをケースにとめておく部品が割れてしまい、

使い物ならなくなってしまいました。


ケース無しだと軽いし、かさばらない。

けれど、

落として画面を割りたくないし、

交通系ICカード、WAON、緊急用のCカードを

入れておくこともできないし・・・・


やはりないと不便だし、怖いし、

でもそこそこの値段するから痛いなぁ~~

なんて考えながら営業帰りに歩いていると、

ありました。


〇〇〇電機 〇〇デジタル館

決算セール&ポイント10倍の日

ということでしたので、覚悟を決めてお店の中に。


店内では

高級なスマホケースには眼もくれず、

お買い得品が集められた平台ワゴンで物色。


ありました、

同程度の商品が5,000円前後に価格なのに対して

色違いが

1,980円という超割引き価格品!!!

速攻で購入させていただくことに。


で、その時のPOPのコピーが最高!

思わずここの題材にしてしまうほど強烈でした。


5,000円前後のスマホケースが

1,980円で投げ売り状態。

在庫処分で安いとはいえ

私が速攻で購入に至った決め手であるPOPには

何と書いてあったか???


それは

「不人気色につき処分特価!!」

というキャッチコピー。


驚きました、

これから購入しよう、

これから愛用しよう、

という人に向けてのPOPに


「不人気色につき・・・・」とは!!!!!

驚き以外ありませんでした。

まぁ、言ってみれば

なんとネガティブなコピーでしょう。


本当に売れなくて担当者がやけになったのか、

改装前に処分が間に合いそうもなく焦った店長の勇み足か、

はたまた丸投げされた学生バイトさんのなせる業か、

いずれにしろ普通は見かけない

後ろ向きな、ネガティブなPOPです。


とはいえ私は速攻で購入を決めたわけで、

このコピーって実は生きているのかも?

という強烈な疑問がわいてきました。


となると、確認したくてうずうず、

厄介な癖が出てきてしまい、

ちょっと離れたところにいた店員さんに来ていただき

「このケースこのスマホに合いますか?」と

(実際は確認済みでしたが)質問をさせていただきました。


で、

教えてくださったことのお礼を述べるとすぐさま

「このポップの不人気色ってすごいですね

 ふつうは在庫限りとか書きますよね」

と切り出し

「私はそれを買っちゃうんですけれど、

 怒り出すお客様いらっしゃいませんか?」

と聞いてしまいました。


すると店員さん、フランクな感じで

「すみませんお客様の選んでいただいた色を

 不人気色なんて書いてしまい・・・・・」

と、ばつが悪そう。


「いや、気にしないでください

 おかげで安く買えて大満足ですから」

と、繋いだところ


「実は、在庫限りと書くよりも

 不人気色って書くほうが早く売れていくんですよ」

と驚きの説明。


「操作や機能に関係ない点は、

 色とか見た目とかのことですけど、

 このあたりをつつくと意外とお客様の受けが良いんです」

と教えてくださいました。


こんなやり取りの後

レジで精算させていただいたき、

箱から出してもらい、

新しいケースにスマホを装着。

古いケースとごみまで処分していただき

大満足でお店を後にしました。


どうやら、

機能についてはマイナスポイントを書いたらダメ、

大きさについても変なことはかけない、

しかし

色とか、機能に関係のないデザインは

使い勝手に影響しないため

気にならない人には全く気にならない。


使いがってが悪くなければ、

予定していたスペースに収まるのなら、

多少見た目が悪くても

安いほうが良い。

というお客様は一定数いらっしゃるわけで、、、


というわけで

「不人気色につき大幅値引き」 

というポップのコピーが生まれたようです。

そして実際に効果があるというから納得です。


さすがにこんなネガティブなポップのコピー、

安易に推奨するわけにはいきませんが、

ぜひ店長さんや、本部、本社の方にも

この話を伝えていただき、

お店として、会社としてOKならば

こんなコピーも考えてみてください。


あ、商品をこき下ろしてはダメですよ、

機能や使い勝手も悪く言ってはダメ。

そのあたりは大人なんだから

わかりますよね。


街で見かけた

ネガティブが功を奏していたお話でした。

長い文章になってしまいすみません、

おつかれさまでした。


過去のほかの記事はこちらから

ホームページ全体はこちらから確認ください









 

KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000