提案~採用の決め手

お手伝いさせていただいている会社様のからお客様への提案、

無事採用になり、胸をなでおろしているところです。


採用いただいた決め手は

競合と比較して、

最も時間を割いて話を聞いていただいたことだと思います。


提案内容や価格設定などはもとより

プレゼンのテクニックを期待したみなさま、

ごめんなさい。


ものすごく抽象的で根性論的な

「競合と比較して最も時間を割いて話を聞いていただいたこと」

などという決め手の話ですみません。


ただ、お手伝いした会社様決定に至るまで

ご対応いただいた担当者様や

決定権者である役員のみなさまから、

採用決定の後日の雑談で、

なんだか話に乗せられたな!

そもそも・・・(採用の理由)・・・!

と、本気でおっしゃっていただきましたから

間違いのなく採用の決め手だと思います。


どのような話かというと、

提案内容の仕組みやスケジュール、

提示した価格は特に優れていたわけではなく、

どうやら横一線だったようです。


ただ、

普段から余計な情報も含め

お話しする時間をビジネス+雑談でとっていただけたこと。

そのため提案を説明するときも

とてもフランクな状況(失礼のない程度に)で

説明させていただけたこと。

これにより

競合他社さんと比較して

提案採用後のメリットが最も

イメージ

できたとのことです。


同時に、ほかの方から出ていた

不安材料、ネガティブ要件を打ち消す時間も

しっか取らさせていただくことができたことで、

安心されたとのお話もいただきました。


さて今日の本題はここからです、

やはり、

普段からの情報提供はいろいろなことでメリットがある!

ということです。

情報提供することで

必要な話意外のお時間を取っていただける、

=距離が縮まる、となるからです。


すでにここでは何度となく

情報提供についてお話させていただいております。

この点についていまさらくどい話はしませんが

結構重要なポイントだと思います。


なんだ、今日は自慢話か!

ごめんなさい、そんなつもりではないです。

すみません、嫌らしい書き方になってしまいました。


さらに、

マーケティングオートメーション、

インサイドセールスなど

ICT,AI時代にふさわしい営業スタイルがあります。


営業はアナログだ!

なんていうつもりはなく、

私もこのようなツールを最大限に利用したいです。

ちょっとだけですけれど利用もしている肯定派です。


でもでも、

営業マンが持つ「営業力」、

これは絶対に必須要件です。


営業力、営業に必要な要件、知識

いろいろあると思います。


ひとつだけ言えるとしたら、

ちょっと意味合いは違いますが文字的に

修二と彰の青春アミーゴにある

「地元じゃ負け知らず」じゃダメじゃないかな。

ということでしょうか。


本日は失礼いたしました。


お時間に余裕があり、興味がありましたら

以前の話の中から情報提供についてなど確認ください。

過去の記事はこちらから確認いただけます





KyoritsuEMS

販路拡大、販売促進、売り場作り、接客のコツなどの情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000