大谷163㎞/hのストレート

「私が調べましょうか」が魔法の言葉!

とお話させてもらったところ、

早速ご意見をいただきました。


これが昨日以上に直球ストレート。

大谷選手も真っ青じゃないかという

ストレートな意見でした。


それは

私が調べましょうか

と言える仲になるには

どおすればよいか?

というもの。


グラッときました、

おっと、立ち眩みか?

って感じ。


しかしこの163km/hのストレート、

センター方向にはじき返したい!


さすがに難しい質問。

ここはセオリーでも何でもなく、

私が実践している方法を紹介させてください。


先日に続き

自分の手の内をさらすという

恥ずかしい回になります。

う~~~ん、ほんとに稚拙で恥ずかしい。


が、あえてここでさらします。


自分の場合は、

たった一言です、

情報を出し続けること!

を実践しています。


5分、

何とか5分

相手が集中して、

相手が面白がって、

相手が興味を持って

話を聞いてくれる時間を作る。

そのために情報を

とことん出し続ける。


これを徹底しています。


そしてこれは以前お話しした通り

情報を徹底的に得ていく

吸収していく、詰め込んでいくのではなく


何気なく入ってきた情報で構わないので

とにかく素早く

自分の頭の中から

探し出す&引っ張り出す!


これを意識しています。


こうやって

情報を出し続けていると

「私が調べましょうか」

という魔法の言葉を

つかうタイミングが現れます。


先日と同じ話ですみません。

恥ずかしながら自分の実話です。

くだらない話でしたでしょうか、

すみません。

次回からはもっと役に立つ話をさせていただきます。


今日みたいな話じゃなく

それなりに役に立ちそうな過去のお話は

こちらからご覧ください





KyoritsuEMS

お客様とのミスマッチの解消で 認知と売り上げの向上を。 販路拡大、販売促進、 売り場作り、接客のコツ、 こんな情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000