第8回 あなたのミッションは何?

さて、自分の棚卸も終わり、

何となくお客様との会話に自信が出てきそう。

それではさっそく新しいお客様のところに、

今まで苦手としていたお客様のところに、

あまり話を聞いて下さらなかったお客様のところに、

自信を持って出かけてみましょう。


あ、ひとつだけ絶対の約束があります。

お客様のところに伺うにあたって

最初は勉強のつもりで、とか

ダメもとでよいので行ってみよう、というのは

絶対にダメ、やってはいけませんからね。

そんなのお客さんに失礼以外のなにものでもないです。


こちらは勉強や体験のつもりであっても

お客様の時間は本番そのものです。


十分に練習を重ねて、一人芝居もしてみて、

気持ちの上だけでも構わないので、

真剣勝負で取り組む姿勢で対応してくださいね。


前段が長くなってすみません。

さて、自信を付けたところでまず何をすればよいでしょう。

最初にやって欲しいのはあなたのミッションの明確化です。


あなたは、業務として何をするように言われていますか?

できれば最終的な目標値ではなく、

最終的な目標を達成するためにすべき具体的なこと、

を挙げてください。

例えば新規の口座(新規顧客)開拓、月間売り上げ目標達成、

ではなくて、

新規口座10件/月開拓のために、新規訪問30件、とか

売上予算30百万円達成のために、新規扱い品10件受注、

「のために何をするか」をはっきりさせるとよいと思います。

ただ、このあたりの設計、設定、手段などについては、

ここで覚えたり勉強していただくよりも、

圧倒的に優れていてわかりやすいテキストがあると思います。

ぜひそちらを参考にしてみてください。


で、目標が決まったら(例えばですが)、

売り上げ目標8百万円/8月達成するためには通常活動に加え、

〇〇を上乗せで、20契約確実にゲットしなくてはならない。

集客効果を格段にアップする「〇〇」を紹介するために、

売り上げ規模50百万円以上の小売店またはその本部を

最低70社は訪問しなくてはならず、これが第1のミッションだ。


といった感じで具体的なミッションを明確にしてください。

ここまでについてはくどい様ですが、

それなりのテキストなどを書店で探してみてください。

ものすごくたくさんありますので、自分に合ったものを選んでください。

最近はやりの、マンガで読む〇〇 でも大丈夫です。


そして、ここからしっかり頑張っていただきたいのですが、

これを次のような文章にまとめてください。


この度、弊社にて取り扱いを始めました〇〇は、今までにない方法で

集客効率を格段にアップさせることを実現させた◇◇◇◇ツールです。

貴行のお得意先様である、小売店様においてもその効果は間違いなく

発揮できるものと確信しております。貴行のお客様の業績急上昇を

貴行と一緒に支援させていただければと存じます。

つきましては、以下の企業様を紹介いただきたくご連絡させていただきました。

企業名:〇〇効果による・・・

企業名:〇〇効果による・・・

企業名:〇〇効果による・・・

企業名:〇〇効果による・・・

そのほか、貴行お得意様(単独店、チェーン店などいずれも対応可能)にて

同様の効果が見込めそうなお客様のご紹介をお願いいたします。

〇〇につきましては別途ご案内させていただきます。


こんな感じの文章です。もちろんお付き合いのある金融機関にたいして

新規のお客様を紹介いただくための文章です。

お付き合いの具合によっては、もっと砕けた文章で構わないです。

ただ、内容を端折るのは絶対にやめてください。

とくに、どこでもいいから的な依頼や、

依頼の目的や効果などがはっきりしていない文章は厳禁です。

あと、口頭だけの依頼も絶対にダメです。

ほとんどは口頭で説明してしまったとしても、絶対に文章はいります。


とにかくまずはこれを作ってみてください。

もちろん業種・業態・対象などによって文章は大きく変えて下さい。

ただ、ルールは確実に守ってください。

意外と難しくないですか、でもこれをまとめられないということは、

厳しい様ですが、あなたはあなたのやるべきことを

きちんと正確に理解できていないということになりますよ。

さぁ頑張りましょう。


次はこの文章をどのように利用するかのお話です。



KyoritsuEMS

お客様とのミスマッチの解消で 認知と売り上げの向上を。 販路拡大、販売促進、 売り場作り、接客のコツ、 こんな情報を提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000