第47回 表面と裏面

第44回 営業マンの広告宣伝

第45回 何をすれば? 営業マンの宣伝広告

第46回 頑張って作ろう 自分広告

に続きまして

第47回として

営業マン自分宣伝ツールの表面と裏面についてです。


表面は

今一押しの商品またはサービス名称

会社名

あなたのお名前

携帯電話番号

メールアドレス

これらがわかりやすくすっきり記載されていればよいと思います。

超小さい字でよいので、

出身地や生年月日・星座とスポーツ歴なんかがあるとよいですね。

だからと言ってやたらとごちゃごちゃ書かないでください。


さて肝心の裏面ですが

ここは全力で知恵を絞って渡す相手にメリットのあることを考えましょう。

それに、販促ツールですから一度作って終わりではありません。

それぞれの状況によると思いますが

毎週、毎月、一度お渡しするとしたら相当考えないとなりませんね。


話が枝葉末節に入ってしまいますが

裏面を毎回フリートークで行くのも良いですが、

シリーズ化してしまったほうが楽な時もありますし

渡されたほうもそのほうが徐々に気になってきます。

シリーズ化といおっても1本に絞らなければならないわけではなく

〇〇1シリーズ

〇〇2シリーズ

〇〇3シリーズ

といった具合でも構いません。

たぶんフリーの話題を毎週見つけるよりは簡単だと思います。


さて本題

渡された相手にメリットがある情報

イコール

渡された相手が喜ぶ情報とは何でしょうか。


今月中に発注してくれたら〇〇特典付き、

などの値引き情報、

トップリーダー店の施策の裏側情報、

競合店のマル秘 来月の特売価格情報、

などが毎回シリーズで掲載できればよいですが、

こんな情報そう簡単に仕入れできないし、

情報を仕入れるのにやばいにおいがするし・・・

値引きという麻薬は中途半端に使うと

抜け出せない、やめられないという状況に陥るし。


となるとどんな情報が良いの?????

となりますが、例えば(本当に例えばですよ)、

近場の定食屋さんの今週1週間のメニュー、

駅周辺で有名なラーメン店の食レポ、

エリア別喫煙所(灰皿がある場所)マップ、

今月の星座占い一覧表など

こんな情報でも構わないと思いますよ。


ふざけてないです、本当にこんな情報だってよいのです。

何だったら星占いの本でも買って勉強して

ムーン〇〇とかペンネーム名乗っちゃいます?


とはいうものの

もう少しビジネスチックに行きたいということであれば、

ビジネスマナーなぞを切り刻んで掲載するなんていかがでしょう。

役職別テーブルの座る位置みたいなものをシリーズ化しても良いですし、

〇〇という言葉の丁寧語、謙譲語、尊敬語を毎回一言でも良し、

日本人の7割が間違っている〇〇という言葉の意味、

こんな情報はいかがですか。

こんな情報だったら本屋さんでネタ元になる本を買って来ればよいし、

(ネットからでもよいですが紙の本をお勧めします)

シリーズ化は簡単で毎回ネタには困らないし、

そこそこビジネスチックだし、

何より自分の勉強にもなるし。

いかがですか、それなりなのに簡単そうでしょ。


それでも何となく物足りなければ

このホームページの記事を切り売りしてくださっても結構ですよ。

出展元の記載とか小さなこと言いませんけど、

いかにも自分で書いたと言い張るのはご遠慮くださいね。


な~~んとなくご理解いただけましたか。


さて今度はその出来上がったアイデアを形にしていきます。

全部自作するのも良いですが、

できるだけ手間暇かけずにお安く済ませるために

電気量販店や大きな文具店で販売している

名刺台紙といった用紙を買ってくると手っ取り早いです。

そしてパソコンに名刺台紙のメーカーが出している

無料のソフトを入れて作業すれば

大きさの設定などは不意様ですし、

操作も簡単ですから、このやり方がおすすめです。


欲を言えば

無料のホームページを用意して

毎回このような情報を掲載しておく

そして裏面はQRコードだけにしておく。

なんていうのもシンプルでかっこよいですよね。


と高望みをしてもなんですので、

まずは始める、動き出す。

ここからやってみましょうよ。

応援します!





ヘルプでも質問でもお気軽にお寄せください。

今年の共立EMSは動きます。

SNSやメールからお問い合わせください。

https://www.facebook.com/KyoritsuEMS/

higuchi※kpnet.co.jp (※をアットマークに変えてください)













共立アイコム課題解決部

共立アイコム KyoritsuICOM お客様との ミスマッチ解消で 認知と売り上げの向上を 販路拡大・販売促進 売り場作り・接客のコツ こんな情報を 提供しています K-EMS Kyoritsu Economic Management Services

0コメント

  • 1000 / 1000