第49回 恥ずかしがったら進まない

今回の話はまさにタイトルのままです。

ここまでいろいろな話をさせていただきました。

ご理解いただけた点や納得いただけた点もあったかと思います。

もちろん良くわからなかった、理解できない、

納得できない、反論したいという点もあったと思います。


そのような点がある中であっても、あえて進言したいのが、

まず動こう! ということです。


いろいろなところで、いろいろな立場の方とお話させていただくとき、

悩みを抱えた方、課題を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。

営業の最前線で頑張っていらっしゃる方、

経営のトップで頑張っていらっしゃる方、

うまくいかずに何となく進捗が遅れていらっしゃる、

どうにかこうにか動き始めた。

ほんとに千差万別です。


が、少し行き詰まっていらっしゃるかな?

という状況にある方に限って動いていない気がします。

統計だって数字を出したわけではありませんが、

悩み事や課題を抱えて行き詰まっている方ほど、

机上で色々考えているような気がします。


お前ごときに何がわかる!

と言われるかもしれませんし、実際にそうかもしれません。

私ではとても解決できないようなご苦労があるのかもしれません。


しかしそこをあえて言わしていただけるのなら

そんな方ほど動いていないです。


ちょっとだけでもよい方法が見つかりそう、

何となく糸口が見つかったかもしれない、

その段階でもう動いてしまったほうが良いです。

動いておかしなところがあれば修正していけばよいです。

ダメだった時はじめて机上に戻ってくれば良いです。


なのに、せっかくの糸口に対して

何も動かず机上でシミュレーションしていて

勝手にダメなところを見つけて

それに対して机上で修正策を編み出して、

また机上でシミュレーションしてみて・・・・


こんなことしているくらいなら動いたほうが良いです。

外から得られる何かだって動かなかったら得られないです。

もちろん鉄壁の想定問答が終わり

一気に勝負が付けられるところまで持っていけるのであれば

それに越したことは無いと思います。


でもなかなかそうはいかないのも現実。

まず動きましょう。

だから、前回までにお話ししたショップカード、

すぐに作ってみましょうよ。

動かない理由が恥ずかしから?!

恥ずかしがっていても前には進まないですよ。

何を言っているんですか! さあ行きましょう。

共立アイコム課題解決部

共立アイコム KyoritsuICOM お客様との ミスマッチ解消で 認知と売り上げの向上を 販路拡大・販売促進 売り場作り・接客のコツ こんな情報を 提供しています K-EMS Kyoritsu Economic Management Services

0コメント

  • 1000 / 1000