Season4-21 それはどうやっても無理

他に数字の話はありますか?という声をいただきましたので机上で色々考えてはダメという話をすこしだけ。あまりにも当たり前の話で例えが悪すぎるかもしれませんが、ご容赦ください。

ある小売店さん、10:00~22:00の営業時間で早番の人は10:00~19:00が定時の勤務時間、遅番の人は13:00~22:00が定時の勤務時間。これって何か間違っているというか変だとは思いませんか。小売店にお勤めの方ならすぐにわかると思いますが、法人担当の営業マンさん、何がおかしいかわかりますか、ちょっと考えて見てください。バカにするなという声が聞こえてきそうです、申し訳ございません。はい、おっしゃる通りです。これでは確実に残業が自然に増えてしまいますし、場合によってはサービス残業を強制しているようなものですよね。お店は開店前に準備作業がありますから9:30ころには出勤すると思います、となると定時の出勤時間が10:00だと無理が生じます。同じように閉店時はレジ締めなど閉店のための作業がありますから22:00に閉店して22:00に退社するのは事実上無理。帰りは22:30頃になるでしょうか。ということは自動的に30分の残業が積み重なっていきます。開店の瞬間に出勤して、閉店と同時に退社する、それはどうやっても無理な話。ということはこの勤務時間設定は間違ってるというかおかしいですよね。

すみません、本当に当たり前の話をしてしまいました。現場、つまりお店で働いているかたならすぐにわかることですが、そうでないかたが考えると起こりがちな頓珍漢な話。あ、そこのあなた笑いましたね。こんな頓珍漢な話、あなたの周りには絶対にないですね。身近なことほど見逃しがちですよ。「ハンカチ持った?忘れ物ない?」が「ハンカチ持った?マスクした?忘れ物ない?」にお母さんの心配が変わる時代。いろいろ見直してみてはいかがでしょうか。


共立アイコム課題解決部

共立アイコム KyoritsuICOM お客様との ミスマッチ解消で 認知と売り上げの向上を 販路拡大・販売促進 売り場作り・接客のコツ こんな情報を 提供しています K-EMS Kyoritsu Economic Management Services

0コメント

  • 1000 / 1000